本
  • 2018.4.4

彼氏が早漏なら一緒にトレーニングをしよう

世の中には様々なカップルがいて、中には悩みを抱えていることもあります。
悩みにも色々な種類がありますが彼氏が早漏というのもその中の1つです。性的な悩みですので中々他人に相談することができないことです。
セックスはカップルにとって非常に大切なコミュニケーションの手段でもありますので放置してしまうと関係が上手くいかなくなってしまう可能性もあります。

早漏を改善するには様々な方法がありますが、自宅でも手軽にできるのがスクイーズ法です。
大雑把に言ってしまえば自慰行為を行い射精をしそうになったら止めるということを繰り返す方法ですが、正しいやり方で行わなければ効果を得ることができませんので注意が必要です。

スクイーズ法は根気よく続けていかなければならないやり方ですので、できれば女性も一緒になって行うほうが彼氏も精神的にも続けやすいでしょう。
その場合、第一段階として女性がペニスを握り刺激を与えていきます。
射精しそうになったらといってペニスを離さず、強めに握りしめペニスを圧迫して射精を我慢させます。
ただし、射精を防止するのではなく我慢することを覚えるのが目的ですので注意しましょう。

第二段階では実際にセックスを行いますが、必ず女性上位で行います。
これは、正常位で行うと男性が好きなように動けてすぐに射精してしまい早漏改善にならないからです。
挿入時に射精感がなければ女性が動いて刺激を与えていきますが、抜くときにも強い射精感が訪れますので早めに抜いてペニスを圧迫して射精を我慢させます。

更にステップアップした方法では女性が横になり男性が後ろから挿入するやり方です。
お互いが横になっていることでゆっくりとしたピストンしかできませんので早漏の防止になります。
女性上位との違いは男性が自分で刺激をコントロールするということで、スクイーズ法ではなく実際のセックス時にも早漏に対しての耐性が付きます。

スクイーズ法はただ単にペニスを刺激するのではなく、いかにして射精までの時間を延ばすのかということに重点を置いています。
また、意味がなくなってしまうのではと不安に感じる人も多いかもしれませんが、トレーニング後には必ず射精してペニスの緊張状態を解きましょう。

どれくらいの期間で効果が現れる?

スクイーズ法では自宅で気軽にできる分効果が現れるまでには長い時間がかかります。
一般的には3ヵ月~半年程度と言われていて、その間には頻繁に実践する必要があります。
ですので、根気強く長期間続けることができる自信がなければ途中で挫折してしまい無駄になってしまいます。
正しいやり方などの注意すべき点はありますが、何よりも続けていくという強い気持ちが1番大切といっても過言ではありません。

1度の実戦で15分程度の時間が必要ですので、女性がサポートする場合は男性が女性に対してしっかりとケアを行っていくとお互いが支え合い成功できる可能性が上がります。
数字にしてみれば15分という短い時間にも感じられますが、その間ペニスに刺激を与え続けるのは想像以上の労力が必要ですので男女共注意が必要です。

個人差はありますが3ヵ月程度すると段階もステップアップして多少の効果を実感できます。
カップルの場合セックスを楽しみたいという思いも強くなってきますので無理に我慢することはありません。
ただしスクイーズ法実践中ですので普通のセックスを行うのは好ましくありません。

普段セックスを行う場合には興奮が高まってきたらお互い快楽を得ることに重点を置いていきますが、スクイーズ法実践中ではスローセックスを行います。
特に体位を気にする必要はありませんが、快楽を得ることが目的ではなくセックスというコミュニケーションを行うこと自体が目的ですので、1時間以上かかけてゆっくりと行います。
ピストンもリズムよく行うことで早漏を避けられます。

スローセックスを行う際には治療薬とも言われるバイアグラを飲むとより長くセックスを楽しむことができます。
バイアグラが治療薬と言われるのはペニスに血液を滞留させる効果があるからで、飲んだからといって風邪を治すように効果があるわけではありません。
また、勃起力が上がりお互いに興奮してしまうかもしれませんが、リズムよくピストンを行い射精を我慢して早漏改善中ということを忘れないようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事
ページ上部へ戻る