本
  • 2018.2.4

早漏を改善させるトレーニング方法

男性医師

性行為を行うときには女性を満足させたいという男性が多く存在し、早漏によって女性との性行為が不安の元となることがあります。
早漏によって性交渉の時間が短くなり物足りないという思いをさせているのではないかと悩むことによりパートナーとの関係も悪化させかねません。
そう言った人のために早漏を改善させるためにいろんなトレーニング方法があります。
トレーニングを行うことで徐々に射精までの時間を延ばしたり射精をコントロールできるようになります。

セマンズ法
セマンズ法のやり方はパートナーと協力することによって行うもので、パートナーに性器を手で刺激してもらい射精しそうになったら止め我慢し、鎮まったらまた刺激してもらうということを4回繰り返します。 次に膣でも同じことを4回繰り返し、4回目に自分から動いて射精するというのがセマンズ法です。 じっくりと長い目で見て行っていく必要のある訓練ですが、これにより改善効果が見られると継続して改善させていくことができます。 しかしセマンズ法はパートナーの協力が必要なので一人では行えません。
スタート&ストップ法
スタート&ストップ法はやり方としてオナニーの際に射精しそうになったら止めるを繰り返すというものですが、最終的には必ず射精するようにしてください。 その他にも一人で早漏を改善させるためには運動をすることで体力を増やすことも重要です。 運動により男性ホルモンを活性化させるために必要なテストステロンを分泌させることができます。
筋トレ
PC筋を鍛えることも早漏改善効果ありです。 PC筋は肛門周りの筋肉で、おしりをぎゅっと締めるように力を入れることで簡単に鍛えることができます。 こうすることで筋トレついでに射精を我慢する筋肉を鍛えられるというわけです。 また亀頭が刺激に弱いということも早漏の原因にあるので、亀頭を刺激に慣れさせるために常に皮をむいておくことも重要です。

メンタルを鍛えるのも早漏改善では重要

早漏には性器が刺激されることに耐えられない過敏性のものと、極度の興奮や緊張などによる心因性のものがあります。
これは女性の裸や声・感触・性行為その物に過剰に興奮してしまうことからなるもので、そういったことによる興奮を抑えるメンタルトレーニングも早漏改善には効果的です。
興奮を抑えるためには精神をリラックスさせる必要があります。
性行為を途中からリラックスをするのは難しいかもしれませんがトレーニングを行いメンタルを鍛えておくことで性行為中でもリラックスすることができます。

そのトレーニング方法とは、自律訓練法です。
自律訓練法とは疲労回復やストレスの低減などの効果があり、これをすることで、リラクゼーション効果を得られるようになります。
普段からやることで、リラックスしやすい精神状態になるので性行為においても過度な緊張をしなくなります。

次に呼吸を深くすることもメンタルにもよい効能があり、深呼吸することで射精を促す交感神経を鎮めて副交感神経を活性化させることができます。
副交感神経が活性化することで緊張を和らげるセロトニンという物質も分泌されるのでリラックスすることもできるので効果ありです。
またイメージトレーニングも同時に行うと早漏防止に効果があり、射精しそうになったら別のことを考えるなど深く考えないようにすることが重要です。
イメージトレーニングはストレスへの対策にもなり、早漏はストレスなどによって引き起こされるため根本的な改善効果が見られます。
早漏は体によるものと考える人が多くいますが、心の問題であることも多いためメンタルを鍛えてストレスや緊張といった精神的な負担に耐えられるようにすることが早漏改善では重要です。

関連記事

おすすめ記事
ページ上部へ戻る