本
  • 2018.3.20

早漏防止用のコンドームを使って対策する

早漏という悩みは他の人にはなかなか相談することが出来ないものです。
悩みを解消することが出来る製品はたくさんありますが、その中の一つに避妊具でもあるコンドームがあります。
コンドームと一口に言っても、その種類は非常に豊富です。
早漏対策がなされているものもありますので、購入する時にはそのようなタイプを選ぶと良いでしょう。

コンドームは通常、エイズなどの性感染症もしくは避妊を目的として使用するものです。
早漏の場合、パートナーを満足させることが出来ないと悩んでいる人も少なくありません。
そこで、早漏の悩みを解消するためのコンドームとしては、厚いタイプをおすすめします。
最近ではつけていないかのような使用感を売りにしている0.01mmなど、非常に薄いタイプが人気ですが、早漏の場合にはその逆、厚いタイプを選ぶようにしましょう。
厚いゴムを装着することにより、感度を抑えることが出来ます。

また、局部麻酔薬であるベンゾカインがあらかじめ塗られているコンドームもあります。
ベンゾカインの効果によって、感覚が麻痺し感度を鈍らせることが出来ます。
厚いコンドームを使用しても効果が見られないという場合には、試してみても良いでしょう。
ただし、局部麻酔薬の作用などにより肌荒れが起こる可能性もありますし、副作用が見られることもありますので、注意が必要です。

そして、コンドームの素材にも注目しましょう。
一般的な種類としては、ラテックス製・イソプレンラバーなどがありますが、刺激に敏感な早漏の人の場合は刺激が少なく肌に優しいラテックス製を選ぶようにしましょう。

初めて早漏対策コンドームを購入する場合には、実際に使用している人の口コミなどを参考にすると良いでしょう。
実際に使用しなければ分からない射精防止対策についてやコンドームの厚さによる使用感の違いなどを知ることが出来ます。
厚さの異なるいくつかのコンドームを比較し、射精防止効果を確かめるという方法もあります。

早漏防止用コンドームの購入方法

早漏防止用コンドームはドラッグストアなどでも購入することが出来る場合もあります。
しかし、他の人に購入するところを見られたくない、恥ずかしいと感じている場合には、通販を利用することをおすすめします。
通販であれば、誰にも知られることなく購入することが出来ますし、実際に使用した人の口コミや体験談を知ることが出来ます。

通販でコンドームを購入する場合には、あらかじめ使用方法や副作用について確認しておくことをおすすめします。
特に、コンドームの内側にベンゾカインが塗られているタイプはそうではないコンドームとは使用方法が異なります。
基本的には、性行為前にペニスに装着するのですが、効果が現れるまでに5分から10分ほどの時間がかかることがあります。
そのため、余裕を持って装着をするようにしましょう。実際にパートナーとの性行為を行う前に試しておくことをおすすめします。

ベンゾカインが塗られているコンドームについては、蕁麻疹やむくみ、眠気、興奮、めまい、嘔吐、メトヘモグロビン血症、ショック、痙攣などの副作用が起こる事があります。
重大な副作用は少ないとされていますが、使用して体調に何らかの異変が見られた場合には、使用を中止し医療機関を受診するようにしましょう。

ベンゾカインが使用されているコンドームは日本国内では販売されていません。
そのため、購入は個人輸入を利用するということが一般的です。個人輸入というと利用するのに不安を感じる人もいるかもしれません。
しかし、通販サイトと利用方法は変わりませんので、これまで通販サイトを利用したことがある人であれば、簡単に利用することが出来るはずです。
購入したコンドームは、購入者本人が使用するようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事
ページ上部へ戻る